結婚しても、子供のように素直すぎる旦那さん

 お互いが自分の仕事や環境で疲れている週の後半になると、旦那さんはサウナによく行きます。

疲れが取れるのか、仕事の帰りに連絡もなく遅く帰ってきては、「お風呂に行ってきたわ」と真夜中に帰ってきます。

のんびりとサウナに入り、露天風呂にゆっくり浸かって心機一転したいのだそうです。今週はこっちの温泉、来週はあっちと自分の中で予定があるらしく聞くと、何曜日がハーブ風呂の日だとか、2と6の付く日は割安だとか情報を持っていて旦那さんなりのスケジュールがあるらしいのですが、不意に寄ってくるので私はいい気がしていません。

仕事仲間と行く事もあって、ご飯を作っていても食べなくなったり、夜中に帰ってきてはバタバタ喧しかったりで、のんびり寝てもいられないからです。毎週決まった曜日でもなく、思いつきで行動するので厄介なんです。

 私のイライラが伝わってくるのか、次の日は大抵、起きると朝から「パン、焼こうか?」とか「目玉焼きしようか?」と聞いてきます。

罪滅ぼしのつもりなんでしょう。気を使っているのが全身で伝わってきます。それなら連絡すればいいのにと思いますが、何度声を掛けても学ぶ様子はありません。目の前に楽しいことがあると、周りが見えなくなるんでしょう。

 それが、数回続いたある日、「もうご飯は作らない!2日前もご飯残ってて、私そのまま次の日の晩ご飯だったよ!昨日のご飯もあるよ!」と激怒してしまいました。

私も自分のことで疲れていたのに、無理して料理したものをそのまま残されると腹が立ってしまったのです。「ごめん!」旦那さんはそう言っていつものように私の為に朝食の準備をしようとしました。

「もう、いらない」私はそう言って出勤することにしました。時間はちょっと早かったのですが、二人でいるともっとケンカになりそうな予感がしたのです。

 その日、私は一人で晩御飯を食べてから家に帰りました。もう、残されたくなかったからです。すると、旦那さんがすでに帰っていて晩御飯を作って待っていてくれました。

「昨日食べたサウナの横のラーメンが美味しかったから食べさせたくなって持ち帰りセット買ってきたよ。餃子焼いたし、ラーメン煮るからね」って楽しそうに話すのです。

「私、お腹いっぱいだから。ラーメン要らないわ」と言うと、「そうか、ごめんね、いつも。これからは行く前に連絡するからね。ごめんね。」と言う旦那さんは本当に子供のように無邪気に謝ってきました。

「本当にそうしてね。残されると嫌だからね。」と私が言うと「何でも嫌なことは言ってね。気付かないことは教えてね。悲しくなったら言ってね。」とにっこり笑顔で言う旦那さんを見て、怒るのが馬鹿馬鹿しくなってきました。その後、二人で仲直りのアツアツの餃子をほお張ることにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>