大豆もどき料理で旦那さんの体調管理

 結婚してから始めて知ったことも多いように感じています。旦那さんが、餃子とラーメンと焼き飯が好きなのは知っていましたが、まさか、毎週末に餃子を食べたいと言うなんて思ってもいませんでした。

私も餃子は好きですが、二人とも、休みの日曜日に毎回餃子はないですよね。

日頃は、忙しく手の掛かった物は食べていないのだから、日曜日くらいは、手間をかけたビーフシチューやサラダとワインで乾杯なんてあってもいいと思うのですが、一向にそんな気配もなく「何が食べたい?」と聞くと「餃子!」と即答しますね。結婚してから、五年たって段々、嫌気がさして来て少しずつ、「何が食べたい?」と聞くのをやめてしまいました。

 大体、あなたは結婚前から脂っぽいものが好きなのですよね。からあげ、トンカツ、ハンバーグが大好きでどんなにしんどくても食べていましたよね。

私は、最近の雑誌のヘルシー思考に影響されて、蒸し料理や、大豆ミートにはまっているのを全く知らないでしょうね。からあげを食べたつもりが、実は大豆ミートで作っていて昨日の料理に肉は一切入ってないのです。

脂ばっかり食べたらとんでも無い老後が待っていると認識しないといけません。そう思って、毎日こっそり、偽料理を作るようになっていったのです。

 ステーキならばれてしまいますが、肉を加工して味を付けたものなら今の所、ばれていませんよね。だって美味しい、美味しいって食べているものね。

酢豚も大豆ミート、野菜炒めや、カツ丼も大豆ミートで作りました。お弁当に持たせたカツサンドも大豆だったんです。最初はひやひやしていましたが、作り慣れてくるとばれないのが当たり前になっていて、高野豆腐でもチャレンジしてみました。

これも絶品で、大豆より、安いのがまた魅力です。

最近、雑誌で見た氷こんにゃくを使って揚げ物を作ると肉のような食感が出て満足感もあるとの事。早速、挑戦してみたいと思いました。よく考えてみると、旦那さんの体調管理の為にやっていた事が私の趣味のようになってしまって、もどき料理を学ぶ事に一生懸命になっていました。

 ある日の朝、旦那さんが「今日は、餃子が食べたいから一緒に食べに行こう。駅で夜7時に待っていて」と言ってきました。平日にそんなことを言うなんて忙しいのにおかしいなと思いました。

夜、駅で待っていると、「いつもありがとう。今日は、感謝を込めて、好きな料理の店に行こう」と言って餃子でなくてもいいと言うのです。驚きました。「大豆食べて体調も管理するから、たまには餃子や本物の肉が食べたいな」と。知っていたのです!「ばれたかー」そう笑って私はステーキ店に連れて行ってもらうことにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>