恋愛は自分の気持ちに素直にならないといけない

私は共学の高校に通っていました。その高校の男女の比率は7対3で男子が多かったので、8クラスあってそのうちの1クラスが男子クラスでした。

私は1年生の時に運悪くその男子クラスになってしまいました。女子と仲良くしたいなと思っていたのですごくガッカリしました。しかし休み時間に友人と廊下でおしゃべりしていると、隣のクラスの女子とよく顔を合わせるのですぐ仲良くなれました。それで休憩中に廊下で隣のクラスの女子とおしゃべりする機会が増えて毎日の学校生活がすごく楽しくなってきました。

するとだんだん隣のクラスの女子のうちのひとりを友人から異性として意識するようになっていきました。意識するようになってからは廊下でおしゃべりする時も緊張するようになっていました。またその女の子が他の男の子と話していると焼きもちを焼くようにもなっていました。しかし告白して気まずくなって今の関係を壊したくなかったので、とりあえず様子を見る事にしていました。

それで放課後に私が忘れ物をして教室に戻ったら、その女の子と違うクラスの男の子が2人きりでいてキスをしていました。私はとりあえず見なかった事にしましたが私の中ではかなりショックでした。しばらくこの事が頭から消えませんでした。その女の子とも少し距離を置くようにしました。そんな時に私は別の女の子に告白されました。私はその女の子とは初対面でしたが、忘れるにはちょうどいい機会だと思って付き合う事にしました。

最初は楽しくおしゃべりをしていましたが、実際はその女の子の事は好きではないのでだんだん面倒になってきて冷たい態度を取ってしまいました。その態度で女の子にも好きではない事を察知されてすぐ別れる事になってしまいました。私は気持ちを隠すのはあまり上手ではないので、これからは好きではない女の子とは付き合わないようにしました。

また強がって本当の気持ちを隠すと好きな人を失ってしまうという事もこの時に思い知らされました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>