婚活以外にも、趣味の活動などいろいろ行動するとチャンスは広がる

婚活

婚活を行ってから結婚した経験から、婚活は思っていたより時間を要するものなのだと感じました。

友人に紹介してもらった人と食事へ行ったり、映画を観たりなど、相手の仕事のスケジュールでなかなか会う機会が得られなかったり、メールでやりとりがメインになってしまった人とは、続けていても進展がほとんどなかったりと、もう少しトントン拍子に進むとイメージしていたので、中途半端な状態が長く続くと不安に感じたり、今後どのように考えれていけばよいのかなど、考える時間が長くなってしまうこともありました。

終身雇用制が当然といった時代が過ぎ、働き方も多様になって、自分のことでいっぱいいっぱいになってしまうといったケースも少なくないと感じる中で、伴侶を得ることで、自身もステップアップできる機会をつくれたり、家庭を持ち将来に対してモチベーションが上がったり、結婚に対しては前向きに考えていたのですが、それほど焦って結婚する必要もないのではないか、婚活は行っているものの時間をかけて相手を見つけたい、といった考えを持っている方とは、会話をしていても時間の流れも異なるようにいる感じでした。

周囲は既婚の友人も多く、何度か相談もしたのですが、タイミングとか、きっと見つかるなどと言われたりして、具体的なアドバイスが得られない状態で、自分の気持ちが宙ぶらりんのような気がしていたりもしました。

そこで、いったん婚活とは距離を置き、映画やお芝居を観たり、海外旅行へ行ったり、趣味の陶芸の講座へ通ったりする時間を多くとるようにしました。

仕事も、業務に関連する資格を、取得しやすいものから取得するようにして、徐々に難しいものへとスライドさせていきました。

そうこうしているうちに、現在の主人に出会いました。

主人とは婚活サイトのペアーズというサイトで知り合いました。

主人が私のプロフィールを見て、ペアーズ いいねしてくれたのがきっかけです。

いろいろと難しく考えているよりも、自分の興味あることや好きなことに時間を費やすと、自然と日々の生活がイキイキしていると感じていました。

日常をどれだけ有意義に過ごせるか、何でもない1日を素敵にできるかは、自分にかかっており、まずは自分を大切にできることが大事なのではないかと感じました。

婚活は時間をかけて行うと自分では感じたので、婚活一辺倒になるのではなく、いろいろな軸足を持っていると、出会いのチャンスや自分についても新しい発見など、身になることが多いと感じています。